痩身エステは施術前後の食事の摂りかたも重要!気をつけておきたい栄養摂取方法

痩身エステを受ける前と受けた後の食事の摂りかたで、せっかくのエステの効果をより促進することもあれば、逆に効果を妨げてしまうこともあります。せっかくであれば高いお金と時間をかけて受けたエステが無駄にならないように、最大限の効果を得たいものです。
施術前にはどういった状態にしておけばいいのか、施術後はいつ頃からどのくらい食べてもいいのか、改めて確認をしていきましょう。

施術の予約をした1時間から2時間前までに食事済ませておくのが最適

痩身エステは横になっているだけの楽な施術ではありますが、脂肪や筋肉にアプローチをし、代謝やリンパの流れを促すことになるため、思っている以上にエネルギーを消耗します。
ですから、空腹でいることはできるだけ避けておかなければなりません。しかし、満腹状態であってもエステでの刺激により、気分が悪くなったり吐き気を催すなどの不調を来たしてしまいます。
そのため、エネルギーが不足しない程度に食べたものが体内に残されているように、施術の1時間から2時間前くらいに食事を済ませておくのがベストです。
タイミングが合わずに空腹の状態でエステサロンに向かわなければならなくなった場合には、30分前までに温かいスープやサラダ、ゼリー飲料などで補給をしておくことをおすすめします。

痩身エステを受けた後は2時間食べものを口にしない

痩身エステを終えると心地よい疲労感に満たされ、代謝が促されることでお腹が空きます。ですが、脂肪が燃焼されやすく痩せやすい状態になっている身体はその逆に、摂り入れたエネルギーを吸収しやすくなっているという点にも気をつけなければなりません。
エステティシャンからも指導を受けるでしょうが、エステを受けた後はこうした状態が落ち着くまで2時間程度、食事を摂らないように気をつけましょう。せっかく受けたエステが無駄になってしまいかねません。
また、2時間経過した後にたくさん食べていいというわけでもありませんから注意をしてください。カロリーを控え糖質を抑えられる、消化もいいことから野菜が多めでヘルシーな和食が最適です。
痩身エステで消耗している身体を労わるように、冷たいものを控えて身体を温めるものを摂ることを意識しましょう。

食事が制限される中で水分をしっかりと補給すること

痩身エステの前後に食事が摂れない時間がありますが、その代わりにしっかりと水分を摂ることを忘れないようにしてください。遠赤外線ドームやヒートマットといった汗をかくような施術だけではなく、デトックスを促す施術でも水分が体外に排出されやすい状態になっているため、失われた分は補わなければなりません。
この時にも身体を冷やさないように冷たいものは避け、常温以上のものを利用するのが最適です。また、糖分が入っていないものを摂りましょう。
水分をたくさん摂取することで、エステを受けて体外に排出されようとしている老廃物もスムーズに出しやすくなります。また、同時に軽く身体を動かして代謝を促すことで、さらにダイエット効果が上げることが可能です。
痩身エステ後は水分を摂りながら、ウォーキングをして帰宅するというのもおすすめです。

参考サイト:痩身エステ おすすめ 口コミ ランキング